京都から福井まで

こんにちは
毎回文章が長くなってしまい、なかなか旅行の話が進みませんが、最後まで頑張っって入力します。よろしくお願い致します。

いよいよ京都駅から先へ進みます。在来線で京都から先に行った事がないので、わくわくしました。大阪から京都駅の間は停車する駅が少なかったですが、京都駅から先は停車する駅が多くなりました。私は、電車は琵琶湖の横を通って、電車から琵琶湖が見えると思っていたのですが、なかなか琵琶湖が見えなくてがっかり。主人に「米原へ行く電車は琵琶湖から離れているのであまり見えない」と言われ、「大津で線路は米原がある東側と、西側に分岐して、西側の線路を湖西線といって、湖西線からだと琵琶湖がよく見える。サンダーバードは基本的に湖西線を通る」と教えてもらいました。車窓を眺めていると米原駅に着きました。米原駅から新幹線が見えます。主人はよく出張で、米原駅から岐阜や関ケ原、名古屋へ行く電車に乗り換えていたそうです。

米原駅で特急しらさぎに乗り換えます。在来線、新快速とお別れです。しらさぎは自由席に乗ります。自由席は2両だけでしたが、運よく2人掛けが空いていました。新快速よりも座席の座り心地がよくて、リクライニングで椅子を倒せば快適です。さすがは特急。さっきの新快速も楽しかったですが、特急の方が旅行気分がしますね。

主人が「敦賀の手前で線路は大きくループしている」「敦賀を出ると北陸トンネルという長いトンネルに入って、トンネルに入ると車内の温度が少し下がる」と教えてくれました。出張で何度も通った主人は沿線の事を色々教えてくれます。主人の言う通り、トンネルは長く、そして車内も少し涼しくなりました。昨日あまり眠れなかったのと、気分が落ち着いたのと、椅子の座り心地が良くて、私は少しうとうとしてしまいました。

ちょうどお昼時に福井駅に到着しました。福井の名物「ソースカツ丼」と「越前そば」を駅前のお店でいただきました。ソースカツ丼は思ったよりもあっさりとした味付けで、お蕎麦は大根おろしが乗っていて、どちらも美味しくいただきました。食べ終わると主人が「福井のお城は近代的だから見に行こう」と、福井城を見に行くことに。駅からすぐの所にお堀があって、お堀の橋の向こうに近代的な建物が。「まさかあれがお城?」とびっくりしている私に、主人は「天守閣は無くて、今は福井県庁が建っている」と笑っているではありませんか。私はまんんまと騙されてしまいました。駅に戻って、金沢行きの特急に乗車。食後で眠くなり、私は金沢駅まで眠ってしまいました。

ブログの名前を少し変更しました

こんにちは

なかなか旅行の話が進まなくてすいません。息子に相談したら「別に自分のペースでやればいいんじゃない」って言われました。私は早く旅行の話をしないといけないと思っていました。息子は「期限の決まっている大学のレポートや、会社で提出する文章じゃないから、好きなように、気がすむまで書けばいいと思うよ」と言って、ブログの名前に『のんびり macoの』をつけ足してくれました。『maco』は私の名前ですが、ひらがなにすると「のんびり」と「おでかけ」がひらがな続きだからどこで区切ればいいかわかりにくい。。漢字だと固い雰囲気がする。そこで、名前をアルファベットにしたそうです。私には思いつかないアイデアです。

すいません、また長くなってしまいました。旅行の話をしますね。旅行前日は遠足前みたいに、なかなか眠れませんでした。いつもより少し早く起きて、身支度をして、阪急で梅田へ移動。私が住んでいる武庫之荘は近所にJRが無いので、私はJRに乗る事がほとんどありません。JRの改札では、大切な切符を取り忘れないように気を付けて通りました。主人が「JRは移動距離が100キロ以上になると途中下車ができるから、この切符は改札で取り忘れないように。終点の和倉温泉駅に着くまで失くさないように」と説明してくれました。聞いていないと、私はうっかり改札に忘れていたと思います。主人は出張でよく途中下車して営業所や現場をまわったそうです。サラリーマンの賢い知恵ですね。

大阪から福井まで特急で行けますが、普段JRに乗らない私のために、主人が米原まで在来線で行くルートを考えてくれました。でも、全部を在来線で行くと時間がかかってしまうので、米原から特急「しらさぎ」に乗ります。サンダーバードは大阪から北陸へ行く特急で、しらさぎは名古屋から北陸へ行く特急だそうです。

主人と大阪駅から新快速に乗りました。大阪駅の次、新大阪から先は、高槻駅まで止まりません。阪急より早い速度でビュンビュン走ります。私は子供みたいに窓の外を眺めていました。すると、大きなチョコレートが!「その隣はサンスターの工場だ」と主人。チョコレートの工場の隣に、歯磨きの工場があるって面白いですね。あっという間に高槻駅です。高槻駅を出発してから主人が「もうじきサントリーの山崎が見える」と教えてくれました。山崎の看板と、ウイスキーづくりに使う機械が見えました!またまた主人が「京都の手前に鉄道博物館があって、運が良ければ動いている機関車が見える」と教えてくれましたが、残念ながら機関車は動いていませんでしたが、少しだけ見えました。京都まであっという間でした。

また長くなってしまいました。自分でもびっくりするくらい「あれも書きたい」「これも書きたい」という気持ちが出て、ずっとキーボードをカタカタやっています。おばさん、すっかりブログの虜です。また明日も更新しますので、また見に来て下さい。