金沢でど定番の旅の続き

こんにちは
金沢でど定番の旅の2日目についてです。主人が予約してくれた旅館は本当に癒されました。朝食を7時にいただき、その後兼六園へ。兼六園には9時前に入ったのですが、流石にこの時間はまだ観光客が少なかったです。ゆっくりと庭園を散策。前回の金沢旅行でも兼六園を訪れ、池のほとりでお茶をしたいと思っていましたが、この旅行で念願叶えました!三芳庵という施設で、池を眺めながら抹茶とお菓子を頂きました。大変美味しく、至福のひと時を過ごしました。

兼六園を堪能した後は石川県観光物産館へ。金沢は日本三大菓子処の一つですが、ここで和菓子づくり体験します。いつも食べている和菓子がどのようにしてつくられているのか、また繊細な手作業が必要なことがわかりました。私も主人も手先があまり器用ではないため、ちゃんと出来るか不安はありましたが、出来上がってみるとそれなりの形になったので一安心。写真を息子に送ったら「なかなか上手く出来てる」とお褒めの言葉が。主人は和菓子づくりが気に入ったようで、またやってみたいと言っていました。

お昼は茶寮不室屋で麩久箱膳をいただきました。文室屋は大阪のデパートにもお店が入っていますが、ここではお麩のフルコースを堪能でき満腹満足。金沢の郷土料理「治部煮」のとろっとした食感がいいですね。私はこの食感が好きです。

金沢駅へ行き、駅の下にある百番街でお土産を購入し、サンダーバードに乗って帰りました。夕食は金沢の美味しい物づくし。食後に今日作った和菓子と、金沢駅で買った丸八製茶場の加賀棒茶でお茶をしました。家に帰っても金沢旅行の余韻にひたることができて本当に大満足です。一泊二日でしたが、本当にリフレッシュできました。

お久しぶりです。金沢でど定番の旅をしました。

こんにちは
ずいぶん長い間ほったらかしにしてしまいました。おかげ様で、怪我は完治したのですが、親の介護や実家の整理、売却など色々なことが重なってしまい、ブログの更新がなかなかできませんでした。ようやく何とか落ち着いてきたときに、主人が「介護は先が長い。家の売却も終わったので、ここらで一区切りして、金沢に行こう」と旅行の手配をしてくれました。

全壊の旅行の話が最後まで終わっていないですが、今回行った旅行を忘れないうちに投稿しようと思います。前回の話は必ず最後までやります!

今回の旅行は、主人いわく「金沢でど定番の旅」らしく、このような予定を考えてくれました。
6:00 出発

10:00 金沢21世紀美術館

12:00 金沢市内で食事 

13:30 鈴木大拙館

15:00 カフェで一息

16:00 近江町市場を散策

17:00 チェックイン

朝のラッシュを避けるのと、金沢を堪能するために6:00出発にしたそうです。

金沢21世紀美術館は開館と同時に入りました。常設展示が多く、前回も訪れているので1時間くらいで出れると思っていたのですが、結局主人の予定通り2時間滞在しました。『レアンドロのプール』は何度見てもほっこりします。外国人の方も多いのですが、みんなプールの前では笑顔。それを見ているだけで、楽しい気持ちになります。

食事は近江町市場の「井ノ弥」に行く予定だったのですが、いっぱいだったので、すぐ向かいにある「近江町市場寿し支店」にいきまいた。回転寿司なのですが、さすがに市場内のお店。どれもとても美味しいです。海鮮丼、のどぐろも沢山食べましたが、とってもリーズナブルで、家の近くあったら通いたくなるお店です。

その後、鈴木大拙館という美術館というのでしょうか?施設と言えばいいのかな?私は知らなかったのですが、主人が「今の私たちが行くことに意味がある」と言って予定に入れてくれたのですが、ここは行って本当によかったです。親の介護をきっかけに生きること、死ぬこと、自分自身の老いなど色々想い悩むことがありましたが、禅の思想に触れ、気持ちがスッとしました。主人の言う通り、今の私たちにぴったりな場所でした。

ロールケーキが大人気の『メープルハウス 本店』で一息。このお店は主人が会社の人から教えてもらったそうです。店内は吹抜と大きな窓が開放的で、おしゃれなインテリアで統一されています。甘いもので元気を補充。この後、旅館にチェックインしましたが、金沢らしい和風の旅館で心身ともに癒されました。

金沢で憧れのケーキを食べました

こんにちは
まだまだ旅行の話が続きます。いつか終わりますが、でもいつ終わるか、今のところ検討がつきません。楽しくてつい長くなってしまいます。おばさんの拙いブログですが、どうか最後までお付き合いください。

福井駅から特急しらさぎに乗って、金沢駅へ行きました。福井駅を出てすぐ眠ってしまいましたが、金沢駅までの50分しっかり寝たので元気回復です。『まれ』の舞台となった能登がある石川県まで来ました。金沢駅はかなり立派で、駅前は近代的でとても素敵です。金沢では2時間半ほど観光できる時間があるので、駅前からバスに乗って兼六園へ行きました。駅前とは違って、手入れがされた綺麗な日本庭園でとても落ち着きます。TVでよく見る石灯篭もありました。園内には滝、小川、日本最古の噴水などみどころがたくさん。春、夏、秋、冬すべての季節を見てみたいと思いました。特に雪の積もる頃にまた来てみたいです。今回は『まれ』のモデルになった辻口氏のお店に行くので諦めましたが、また来ることがあれば、池のほとりにある茶室で一服してみたいです。

兼六園から歩いて辻口氏のお店「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」へ行きました。県立美術館の中にあるお店で、ケースの中にはドラマで見たような美しいケーキがずらりと並んでいます。ドラマのまれちゃんは、高校卒業後に輪島市役所に就職して、輪島市へ移住に関する人をお世話する部署に配属されて(尼崎市では移住ではなくシティプロモーションというようですね)色々あった末にパティシエを目指すのですが、頑張っているまれちゃんを見て「私も頑張ろう」とよく元気をもらいました。能登の美しい景色、美しいケーキも楽しみでした。そんなドラマの中にあった憧れのケーキが私の目の前に!感激です。ケーキはとても美味しくて、もし、近所にお店があったら毎日通ってしまうかもと思いました。私ったら食いしん坊ですよね。でも本当に美味しかったんです。

バスで近江町市場へ行き、市場をぐるりと散策して、金沢駅へ戻りました。ここからは在来線で和倉温泉まで行きます。

旅行の予定

こんにちは

今日は金沢・能登に旅行したことを書きます。みなさんはNHKの朝ドラ『まれ』をご存知ですか?今から2年前の春から秋に放送された朝ドラです。ドラマのお話はインターネットを検索すると見れるので、もしご興味のある方は検索してみてください。私が説明するよりずっとわかりやすいと思います。

ドラマの舞台は能登と横浜なのですが、私は能登の風景にすっかり魅了されました。そしておいしそうなスイーツに、いつも釘付けでした。『まれ』でスイーツを見た日は、必ずケーキが食べたくなり、買い物ついでに買ったり、主人に買ってきてもらったり、たくさんケーキを食べてしまいました。友人も「あんなにおいしそうなケーキが目の前にあったら食べたくなる」といっていました。

主人が「能登に旅行に行くか」と、予定を考えてくれました。息子が小学六年生の夏に家族旅行をしていらい、旅行はしていませんでした。法事や結婚式など用事があって外泊したことはありましたが、観光が目的の外泊は何年振りでしょうか。息子も誘いましたが、大学があるからと、主人と2人で育子とになりました。主人が予定をたてるのを横で見ながら、子供みたいにわくわくしました。あちこち出張に行っていた主人は、どこにおいしいお店があるか、電車はどれに乗ればいいか、頭に入っていて、紙に書きながら教えてくれます。主人と今までそんな話をしたことがなかったので、意外な一面を見れてよかったです。

主人が作ってくれた旅行の予定が残っていたので、ここにまとめますね。

1日目
8:51 武庫之荘駅 阪急で大阪へ移動
9:30 大阪駅 在来線で移動 
10:55 米原駅 特急しらさぎに乗り換え
13:00 福井駅 駅前で越前そばとソースカツ丼を食べる 駅前観光
14:01 福井駅 特急しらさぎに乗車
14:49 金沢駅 近江町市場、兼六園、21世紀美術館
16:25 金沢駅 在来線で移動
17:58 和倉温泉駅
18:00 ホテル十番館にチェックイン

2日目
7:00 朝食
9:00 レンタカーを借りる
10:00 輪島朝市、輪島観光、塩田、千枚田観光
14:00 輪島出発
15:00 なぎさドライブウエイ
16:00 金沢
16:58 金沢駅 特急サンダーバード乗車
19:38 大阪駅

おしゃべりおばさん、つい長くなってしまいましたね。すいません。続きは明日にしますね。また見に来て下さい。